イメージ画像

日焼けをした時のかゆみのケア方法

日焼けした肌は乾燥しがちな状態になっており、拡大してみると、表面が荒れた状態になっています。荒れた状態で生じるのが、ひりひりとした日焼け特有の感覚とかゆみです。

こうした症状を抑えるには、基本となる日焼けのケア方法である、冷却を念入りに行いましょう。強く日焼けをしてしまった時ほど、念入りに冷やして熱を取っておく事で、その後にダメージが残る事が少なくなりますし、かゆみや痛みが気になるという事も少なくなります。

かゆみを抑えるのに他に効果的な事として、ベビーパウダーを利用するという方法もあります。赤ちゃんの体に付ける事で、肌をさらさらに保っておくものですが、大人でも使えるものが売っています。

これをケアをした肌に付けておく事で肌の表面がなめらかになり、荒れた状態を改善する事ができます。比較的安価で購入する事ができるので、試してみるのもお勧めです。また、合う合わないがある場合もあるため、自分の肌の性質を見極めて、選びましょう。

また、ビタミンの摂取も効果的です。特に、ビタミンCは肌への効果も高く、意識的に多く摂るのもお勧めです。オレンジやレモンなどに多く含まれるほか、一時的に多く摂りたいならサプリメントもお勧めです。

カプセルを飲むだけで十分な量のビタミンを補う事ができます。日焼けをするとしみやしわができやすくなりますが、ビタミンCをしっかり摂る事でこれも防ぐ事ができ、美容にも効果が高いという、一石二鳥のケアをする事ができます。

また、かゆみはどうしても我慢できない時もありますが、その時はなるべく我慢しましょう。爪でかいてしまうのは一番良くありません。肌の表面を大きく傷つけてしまいます。

我慢しきれない時は、指の腹でなでるようにすると、かゆみが少し抑えられます。また、あまりにも症状が強い場合には、病院に行く事も検討しましょう。基本はなるべく日焼けは避け、事前に強い日焼けをしそうな場合には予防をしていく事がとても大切です。

このページの先頭へ