イメージ画像

美白が効きにくい敏感肌のシミ対策

強い成分の化粧品なのに全く効かず、むしろ逆効果だったという経験をされた方は多いのではないでしょうか。それはもしかしたら自分が敏感肌だということに気がつかず、化粧品選びに失敗した可能性が高いです。

敏感肌というのは、美白効果が得られない大きな原因と言われています。しかも、現代では30代女性の80%が敏感肌と言われており、ほんの一部の人の問題ではなく、ほとんどの女性の肌トラブルの原因となっているのです。

敏感肌だと気づかずに美白化粧品を使って効果を得られなかったのであれば、敏感肌専用の美白化粧品に変えるだけでシミが薄くなる可能性が一気に高まります。

次のチェックリストの中で1つでも当てはまるものがあれば、敏感肌かもしれません。

★エイジングケアや美白の効果をあまり感じない。
★ストレスが原因で肌がゆらぐ。
★肌が乾燥するとたるみや小じわが目立つ。
★季節の変わり目は特に肌の調子が悪い。
★化粧品が染みたり、肌が赤くなることがある。
★花粉症のような症状がある。
★月経前は肌の調子が悪い。

どうでしょうか。80%の女性が敏感肌と言われている理由が垣間見えたかと思います。自分の肌質を見極めて、肌に合った美白化粧品でケアするようにしましょう。敏感肌がなぜ美白が効きにくいのかというと、角質のバリア効果が弱いからです。

美白するスピードよりも、新しいシミができる速度が早いというわけです。化粧品選びのポイントとして、まずは低刺激であることが大前提です。刺激が強いものだと炎症を引き起こし、メラニンの生成を進めてしまうことになります。

美白化粧品を使って逆効果だった人はこれが原因だった可能性があります。そして、バリア機能を高めてシミができるスピードを遅くしなければなりません。バリア機能を高めてメラニン生成の原因である炎症を解消し、肌を刺激から守る必要があります。

これらの条件を満たした上で、シミを薄くする効果がある美白有効成分をプラスすることで、ようやく美白効果を得られます。さらに厚生労働省が認可している美白有効成分が配合されている医薬部外品であればGOODです。

このページの先頭へ